プロフィール
Deadman1879
Deadman1879
「ヤバイ」「逆に」「新しい」を連呼する人。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2011年09月20日

だい7かいめこうしん

みなさまこんばんわ。

今回からちょっとずつパラクレイトについて触れていこうと思います。


自分自身そんなに詳しいわけでもなく、きちんとした資料も持っていなければ、持っているアイテムの数も決して多くはありません。
ですが、そこは冒険ということで憶測の域を出ないタワゴトをたらたら垂れていこうと思います。
昔からいうじゃないですか。男の子はやっぱり冒険だねっ☆って。



・・・・男の子というには年をとり過ぎている気がしないでもない。

・・・・・・・・・。




第一回目 [ MBITRポーチ ]


パラクレイトのポーチの中でも、国内での人気が高い(需要が多い?)のがこれですね。
なんだかんだでやっぱり一つは持っておきたいポーチなのかなぁとも思います。

収納する物はMBITRことPRC-148。
正面のパネルにはエラスティックバンドのループが6本あり、縦3列でケミライトを3つ持ち運ぶことが出来ます。
右側の側面には、小さなツールポーチが縫い付けられており、左側には小窓があります。

パネルを外すとMBITR操作パネルとディスプレイがこんにちはします。
・・・・ここの加工は思いっきり手作業なんですね。


と、普通のレポなわけですがここからが本題。



今回手に入れたもの。


パネルが切り取られています・・。
残念ながらタグは付いていませんでした。

注目すべき点が2つ。


まずは左側。
小窓がありません。


PJの使用画像では、この小窓にペンをクリップで留めてたりしてましたね。
ありません。


パネルに繋がっている紐の色もODです。
※バックルをはじめ、基本カラードの物の方が新しいというような気がしますが、そんなことはないようです。
パラクの場合、自分の中では基本PALSや生地の色がODに近ければ近いほど新しい(バイアス除く)というイメージがあるので、今回手に入れた物の方が古いようです。


っていうかUSZAと同じ色の構成か。
案外今回のように、タグが無くてもSG/USZAカラー(勝手に名称をつくるなww)のものも存在するので、特にUSZAタグが全てってわけではないようですね。


ほんで最後にここ。


パネルこんにちは穴(勝手に名称を・・)なんですが、通常は四角い穴が出来るように裁断・縫製をして、うえからベロクロを縫いつけ、その穴の形にベロクロだけを切るんです。

しかし今回手に入れたものは、完全に生地ごと切っています。
め、面倒くさい加工だこと!!

これ絶対パートのおばちゃんが「これは縫製加工の工程に入れておくれよ!面倒ったらありゃしないよ!バカっ!!」って言って直訴して改良してもらったに違いない多分うん、そう(?)


最初にちょっとだけ「元々は穴が空いていないんだけど、隊員が閃いて切って使用し、その意見のフィードバックで改良されたという過渡期の品!!?」
みたいな妄想をしましたが、そう考えるとこのケミライトを保持するパネルの意味がなくなるので大ボツ案。

とまぁこんな感じに一人興奮し残暑の夜は更けていきます。




NEXT糞記事「MBITRポーチその2」


パラクレイトさんマジぱねぇっす。
それではまた。




OVAのOPと悩みましたがこちらで。
あっちは新居昭乃さんの歌ってるほうが好きなんですよね。

新居昭乃さんは母親と同い年だったりします。




・・・・・いかん!歳バレだ!!!やめいやめい!(?)

  

Posted by Deadman1879 at 01:15Comments(0)